ビフィズス菌とは

ビフィズス菌と乳酸菌RANKING

ビフィズス菌とは、腸内環境を整える乳酸菌の一種で、乳製品に多く含まれる善玉菌です。

ビフィズス菌TOP > ビフィズス菌とは

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌とは、腸内環境を整える善玉菌としてはたらく乳酸菌の一種です。

人間の大腸の中には、通常100種類以上の細菌が住み着います。その細菌には消化や分解を助ける善玉菌もあれば、悪い成分を分泌させる悪玉菌もあり、ビフィズス菌はその中の善玉菌の一つとして活躍します。

お腹の健康は、善玉菌と悪玉菌のバランスによって左右されます。ビフィズス菌が代表する乳酸菌は、オリゴ糖や乳糖を分解して乳酸を作り、腸内環境を整えるとともに、肝臓の解毒作用を助けます。

また、一般の乳酸菌が糖を分解して乳酸を作るのに対して、ビフィズス菌の場合には乳酸と酢酸を作るのが特徴です。酢酸には高い殺菌力があるため、お腹の中をきれいに保つことができるのです。

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌などの善玉菌は、体に悪影響を及ぼす悪玉菌を排除して健康を保つ役割があります。善玉菌が減ってしまい、悪玉菌が優勢になると、便秘や下痢など、お腹のトラブルにつながります。

十分なビフィズス菌が活発に働いてる腸内では、発がん性物質や、老化促成因子など、体によってのマイナス要因となる物質が速やかに排出されます。これによってガンの発生を抑えたり、老化を食い止めて若々しさを保つ効果があるのです。

また、ビフィズス菌には腸内でビタミンBやビタミンKを合成する働きもあります。これらのビタミンは美容に効果があるため、美容の面からでもビフィズス菌を積極的にとる人が増えているのです。

ビフィズス菌を増やすために

ビフィズス菌は、腸内で増殖もしますが、その寿命はせいぜい数日で、体からどんどん排出もされています。そのため、どうしても歳とともに不足気味になってしまいます。

そのため、善玉菌を十分お腹で働かせるためには、毎日少しずつでも乳酸菌を含んだ食品や飲料を摂ることが必要なのです。

ビフィズス菌は、サプリメントなどでも手軽に摂れますし、毎日ヨーグルトや乳製品を食べることで美味しく摂ることもできます。お腹の健康や美容のためにも、ビフィズス菌はしっかり増やしておきたいですね。

サントリー【ビフィズス菌+キシロオリゴ糖】

独自開発のキシロオリゴ糖配合。 美容を心がけている方へ"公式サイト"
www.suntory-kenko.com

ライオン【ラクトフェリン】

運動不足や生活習慣でお悩みなら トライアルパック10日間980円
www.lionshop.jp

ラブレスルー

植物性乳酸菌「ラブレ菌」と、「アカメガシワエキス」があなたを応援するサプリメント
www.labre-sk.com/item_sk3003.html

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ビフィズス菌と乳酸菌の効果※サプリランキング All Rights Reserved.