ビフィズス菌の効果・効用

ビフィズス菌と乳酸菌RANKING

ビフィズス菌には、善玉菌としての整腸作用のほか、消化吸収を助けることでさまざまな効果を発揮します。

ビフィズス菌TOP > 効果

ビフィズス菌の効果・効用

ビフィズス菌の効果・効用として最も知られているのは、善玉菌としての整腸作用です。

人間の腸内に住み着いている細菌の中で、腸内環境を改善する役割を持つものを善玉菌と呼びます。善玉菌を増やすことで、体に害を与える悪玉菌を減らして健康なお腹になるわけです。

この善玉菌の代表ともいえるのが、乳酸菌の一つであるビフィズス菌。ビフィズス菌には消化吸収を助けて下痢や便秘を予防したり、悪玉菌が腸内で腐敗産物を作り出すことを抑制して便臭を減らす働きがあります。

また、悪玉菌によって作り出された有害物質を無害化するのは肝臓の働きです。悪玉菌が増えると肝臓に負担がかかってしまいますので、ビフィズス菌が悪玉菌の働きを抑えることによって、肝臓の働きをスムーズにすることもできるのです。

免疫力を上げて病気を予防

ビフィズス菌によって腸内環境が改善されると、体内の不要な成分が速やかに便として排出されます。

便が長く体内に留まっていると、悪玉菌によって腐敗して悪臭を生じるだけではなく、発がん性物質を生み出すといわれています。大腸に便をためることなく排出することで、がんの予防効果が得られます。

さらに、ビフィズス菌の特性として、乳酸と同時に殺菌力の高い酢酸を作るため、ビフィズス菌が活発に働くと腸内が酸性になります。酸性になった腸内では発がん性物質を生み出す腐敗菌や、感染力を持つ病原菌が増殖しにくくなるため、病気になりにくくなるのです。

こうして体の免疫力を上げることで、O-157やインフルエンザの予防にも高い効果を発揮します。

ビフィズス菌は美容にも

美容の大敵は、便秘です。ダイエットを阻むだけではなく、悪玉菌の働きで有害物質が増えてしまい肝臓で浄化しきれなくなることで、肌トラブルを引き起こすためです。

ビフィズス菌は腸内環境を改善させることにより、腸の働きを活発にして、便秘の解消を促します。

さらに、不要物を速やかに排出することで、活性酸素などの老化物質の増加を抑制します。毎日ビフィズス菌入りの飲料を飲むことで、肌の保湿効果が高まったというデータも発表されているのです。

体の中からキレイにすることで、便秘のお腹ポッコリを解消して美肌効果もあるとは一石二鳥。美容の面でもビフィズス菌は毎日摂るのがおすすめです。

サントリー【ビフィズス菌+キシロオリゴ糖】

独自開発のキシロオリゴ糖配合。 美容を心がけている方へ"公式サイト"
www.suntory-kenko.com

ライオン【ラクトフェリン】

運動不足や生活習慣でお悩みなら トライアルパック10日間980円
www.lionshop.jp

ラブレスルー

植物性乳酸菌「ラブレ菌」と、「アカメガシワエキス」があなたを応援するサプリメント
www.labre-sk.com/item_sk3003.html

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ビフィズス菌と乳酸菌の効果※サプリランキング All Rights Reserved.